家づくりブログ

  • Home
  • /
  • 家づくりブログ一覧
  • /
  • 「土地は持たず、家を持つ生活のすすめ:賢くローンを返済し、空き家ゼロを目指そう!」

 20240715

はじめに

家を持ちたいけれど、高額な土地の購入費用がネックになっている方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、定期借地権を活用した住宅購入です。今回は、居住性と資産性を兼ね備えた定期借地分譲住宅の魅力についてご紹介します。

土地は持たず、家を持つメリット

初期ローン金額を抑えられる

定期借地権を利用することで、土地の購入費用が不要になります。そのため、初期ローンの金額を大幅に抑えることができ、月々の返済額も軽減されます。これにより、早期のローン返済が現実的になります。

居住性と資産性を両立

定期借地分譲住宅は、土地の購入費用がない分、住宅自体の質を高めることが可能です。高品質な住宅設備やデザインに投資することで、快適な居住空間を実現し、資産価値も維持することができます。

子育て後の住み替えがスムーズ

子育てが終わった後には、広い家が不要になることもあります。定期借地分譲住宅なら、家を売却して得た資金で、夫婦二人に適したコンパクトな平屋住宅に移り住むことができます。このライフステージに合わせた柔軟な住み替えが可能です。

空き家問題の解消に貢献

日本各地で深刻化する空き家問題。定期借地権を利用した住宅は、契約期間が終了した後も地主に土地が返還されるため、空き家になるリスクが低減されます。これにより、地域の空き家問題の解消にも貢献できるのです。

まとめ

土地は持たず、家を持つという選択肢は、多くのメリットをもたらします。初期費用を抑えつつ、居住性と資産性を両立した住宅に住み、ライフステージに応じて住み替える。この柔軟な住まい方が、将来的な空き家問題の解決にもつながります。賢く住まいを選び、豊かな生活を実現しましょう。

「土地は持たず、家を持つ生活のすすめ:賢くローンを返済し、空き家ゼロを目指そう!」
施工例集ダウンロード

ダウンロードだから今すぐ見られる!

施工例集をプレゼント!

登録フォーム

その他の投稿もご覧ください